忘れもしません。

2006年の6月4日に日本を経ち、翌5日の早朝、僕たち家族はオーストラリアのケアンズに降り立ちました。

もうかれこれ12年以上も前のことです。

正直、移住する前は、一体どうなるんだろう?と不安に押しつぶされそうになりましたが、今振り返ってみると、何とかなったというのが現実です。

海外移住を考えているけれど、不安で不安でどうしようもない、今回はそんな方に僕の考えを書いてみます。

僕が海外移住を考え始めたキッカケ

悩む男性
出典:photo AC

こんにちは。

オーストラリア移住中のMASA(@ozuijyu)です。

僕が「海外移住をしたい!」と本気で考えはじめたのは、いくつかの出来事が起きたことがキッカケです。

ミレニアムイヤーを迎えた年に母が他界し、その翌年の9月11日にはアメリカ同時多発テロが起きました。

身近な人の死に直面し、そして大惨事をまざまざとみせられたときに、僕はこう思ったんです。

「一度きりの人生だから、やりたいことに挑戦してみよう!!」

20代前半の頃から、将来は海外で暮らしたいなぁ、なんて漠然と思ってましたが、別に本気でもなくただの憧れでしたありませんでした。

大学を卒業して就職し、結婚をして子供もでき、気がつけば仕事や子育てに忙殺される毎日。

いつしか、海外移住なんていう憧れは頭の片隅に追いやられていました。

母の死と、9.11をキッカケにもう一度、海外移住することを考え始めました。

そこからは、具体的に今何をしなければいけないかを、リスト化していきました。

海外移住をしようと決める前にするべきこと

僕が日本でサラリーマンをしていたとき、ある上司が常日頃いっていたことが、今でも僕の人生の指針になっています。

「悲観的に準備して、楽観的に進める」

ある目標や目的に向かって行動を起こすときには、これから起こりうる様々な事態を想定しておく。

最悪の場合、どのように対処するか、を予め考えておくことです。

自分の中で納得できたなら、あとは楽観的に進める!

これを海外移住に当てはめると・・・

海外に住みたい、じゃあまず何をすればいい?

親や家族に同意、賛成してもらえるか?
どこに住むのか?
移住先でのビザは?仕事は?学校は?子育ては大丈夫?
移住するのに具体的にいくらかかるのかを試算する、お金の準備はできる?
言葉は?英語力はどれくらい必要?TOEIC、TOEFL、IELTSなどの勉強は?

他にもたくさん出てきますが、まずはこういったことに対して対処できるように想定しておく。
独身なら、それほどないかもしれませんが、家族で移住となると、乗り越えなければいけない壁は当然多くなります。
ポイントは最悪の状態が起きたら、どうするかまで考えておくことです。(例:ビザが取れなかったらどうするか?)

海外移住というのは、少なからず親や家族を巻き込む一大事です。

慎重に準備する必要があります。

実際にいくつかの壁を乗り越えなければスタートできません。

まずは、やるべきことを紙に書き出して整理してみましょう。

いろんなことが見えてくると思います。

あ~、こんなにたくさんやることがあるのか!と思う人もいると思います。

ただ、これらが全てクリアな状態になるまで待つと、人によってはムチャクチャ時間がかかってしまいますね。

実際、僕が移住したときを例で挙げると・・・

親や家族の同意➔OK
どこに住むのか?➔オーストラリアのケアンズ
移住先でのビザは?➔入国時は学生ビザ、TAFEでパン職人の資格をとって働いたらビジネスビザに切り替えて、その後永住権申請
仕事は?➔未定
学校は?➔私はTAFE、娘は現地の公立学校
お金の準備は➔とりあえず2年くらいは無職でも生活していける
言語は?➔この時点でIETSアカデミック5.5取得、英会話はあまり自信がない。

こんな感じです。

最後まで未定の部分もありました。

これはしょうがないことです。

向こうでの仕事はどう探してもその時点では見つからないので、考えてもしょうがありませんでしたから。

ここまで、クリアしたら、あとは最終決断です。

すなわち、行くのか?行かないのか?

自分と家族の将来を考えて、メリット、デメリットも踏まえつつ、行くか?行かないのか?



僕も、相当悩みましたが、これって無限のループです。

悩めど悩めど、答えは出ません。

誰に相談しようが、最終判断は自分がしなければいけません。

最終的に僕の場合は、2004年に起きた中越地震で腹を決めました。



「行くなら、今しかねぇ!」

西新宿の親父の唄が頭の中でずっと鳴ってました。

人生は選択の連続です。

このまま日本に住んでいても選択に迫られるし、海外に住んでも常に何かを選択しなければいけません。

海外移住をあきらめて日本に残るのもよし、思い切って海外に住んでもよし。

どちらも正解です。

そして、ひとたび選択をしたら、あとは進むだけ。

不安で落ち込んでいてもいいことありません。

ここからは楽観的にいきましょう!

不安だろうが何だろうが、実際に行動を起こしてみないことにはわかりません。

海外に行くにしろ、行かないにしろ、常に不安と隣合わせです。

日本にいたって不安になることはたくさんあるし、海外に住んだからといって不安がなくなるものではありません。

11年間勤めた会社を辞めて、コネなし、仕事なし、ビザなしのゼロからオーストラリア移住をした僕の経験上から言えること。

それは、

意外になんとかなる!

ってことです。

今までオーストラリアに住んできて、どん底に突き落とされそうになったことも多々ありますが、解決策が出てこなかったことはありませんでした。

捨てる神あれば拾う神あり、です、ホントに。

海外移住をするか、しないか、するべきか、しないほうがいいか、今一度自問自答してみてください。

全てはあなた次第です。

その上で、なんとかなるよ!と言っておきます。

あとがき

つらつらと書きましたが、僕は日々、なるべく「なんとか、なる」と考えて行動するようにしています。

準備は慎重にしますが、やり始めたら、もうやるしかない!ですからね。