オーストラリアに短期留学を計画

2001年11月
僕がはじめてオーストラリアに来たのは、29歳の時。当時働いていた会社の福利厚生の一環のひとつに、入社から5年ごとに一時休暇がもらえることになっていました。 (有給休暇とは別です。)ちなみにこの制度、旅行券や一時金ももらえましたので、今から考えても贅沢なシステムでしたね。トータルで10日間の休みがもらえました。 これはラッキーだと思いましたね。

入社してから5年目まで、忙しい営業職として働き、朝から夜中まで会社に居ましたし、ほとんど仕事にとっかかりきりで、 夏と冬の休み以外には、ほとんど長期の休みを取った事がなかったので、いざ休みをどう過ごそうか、と悩みに悩み、困りました(笑)

当時すでに結婚して、子供もまだ3歳でしたから、家族で温泉でもいってのんびり過ごそうかなと思っていたんですね。 それでインターネットで温泉の場所でもサーチしようかなと、いろいろ検索していたら、なぜか、まわりにまわって(笑)、海外短期留学なんちゃら、っていうページを見てしまったん ですね。今から考えれば、これがそもそものオーストラリアに行くきっかけになったんですよね。不思議なものです。

昔から、英語は得意ではなかったけども好きだった。学生時代から映画は洋画、音楽は洋楽、映画のセリフやら歌の歌詞やらを辞書で調べたりすることも好きでした。
それで前述の海外短期留学、これがなんと1週間からの留学OKと書いてありましたし。
何かピーンとくるものがあったんです。「これだと!」。早速、メールで問い合わせたところ、行き先はオーストラリアがおすすめとのこと。 「親日的で気候も温暖で治安も良い」、確かそんな理由だったような気がします。そして、実際話しを聞きにいくことに。

妻には内緒で(笑)、次の休みに話しを聞きにいくと、カウンセラーの方がたくみに、短期留学のすばらしさを語るわけです。その気になっていく僕がそこにいました。 もう気分はオーストラリアです。

結局、いろいろ参考プランを出してもらって、検討することに・・・・。


このページの先頭へ