素人がオーストラリアでBAKER(パン職人)の資格を取るにはどうすればいい?

オーストラリア内で、どこでも通用する、いっぱしのBAKERになるには、
最低3~4年間はBAKERのアシスタントとして働かなくてはいけません。(日本での職人経験がない場合)

その間は、APPRENTICE BAKER(見習いのBAKER)として働くというシステムになっています。
働いている店とAPPRENTICESHIPMENTの契約を結ぶことになりますが、
これはオーストラリアの永住権か市民権を持っていないとできません

オーストラリアでは資格のあるBAKERはQUALIFIED BAKERと呼ばれていますが、
これはAPPRENTICEを経て、さらに専門的な教育を受けて(TAFEなどの専門学校で資格を取るなど)
はじめてなれるのです。(実際には、TAFEに行かなくてもなれますが行く人が多いようです)

当然、APPRENTICEの期間中は、QUALIFIED BAKERと比べて、給料も安いし、
QUALIFIED BAKERのアシスタント的な仕事がほとんどです。

そして1日の作業が全て終わってから、待っているのはマシンやフロアの掃除です。
はっきりいって、退屈な仕事ですが、当初は僕もやらされました。

QUALIFIED BAKERの仕事は、夜中から始まって朝に店がオープンする前までに、
全てのパンを作ることです。

APPRENTICEは、店にもよりますが、朝の4時、5時くらいに出社して、
QUALIFIED BAKERのアシスタントをします。そして店がはじまってからは、
掃除などの後片付け業務をする、という感じでしょうか。

ところで、オーストラリアのパン屋で仕事をしていて思うことは、これは、どこの国のパン屋でも同じかもしれないですが、人の入れ替わりが激しい業界だということです。

朝も早くて、体力的にもツライ仕事なので、続かない人が多いのかもしれません。
特にAPPRENTICEは、3年も4年も、雑務的な仕事をしなければいけないので、
やっぱり辞めてしまうことが多いのでしょうね。

ここオーストラリアでは、パン屋に限らず、全般的に職を変える人が多いです。日本も終身雇用が崩壊しつつあるといわれていますけど、オーストラリアに比べればまだまだ甘いです(笑)

オーストラリアというのは、日本から見たら、言い方は悪いけども、ナマケモノが多い国かもしれません。少なくても私たち日本人からみればそう思ってしまいます。
実際店は早く閉まるし、土曜日は午前中だけオープンして日曜は休み、という店がほとんどです。

いい意味で、仕事以外の時間を大切にするオージー気質が、ある意味ナマケモノととらえらがちなんですが、もしかしたらそんな気質や環境が、比較的にすぐに職を変えるということにつながっているのかもしれません。
実際、40歳を過ぎてから、パン屋のApprenticeからはじめる人もいますしね。

そんなこんなで、QUALIFIED BAKERになる前に辞めてしまう人も多いのではないでしょうか。

参照ページ:Australian Apprenticeships

このページの先頭へ