今や、自宅にいながら何でも学べる時代です。

インターネットが普及して、動画が普通に見れる環境が世界中で整っているので、様々な学習プラットフォームがネット上には存在します。

今回紹介したいのは、Udemy(ユーデミー)です。

というのも、先日Udemyで、ある英語発音矯正コースを受けて、それがかなり良かったのでシェアしたいと思います。

念のため、最初にいっておきますが、決してまわし者ではありませんからね(笑)

Udemyの利用も今回が初めてです。

僕が受けたUdemyの英語発音矯正コースのココがスゴイ!

Udemyの英語発音矯正講座
今回、Udemyで、ある「英語発音矯正コース」を受けました。

「日本人のためのアメリカ英語発音矯正コース」というコースです。

このコースの講師はアメリカ在住の日本人の女性(Aiko Hemingwayさん)で、現在のところ、チャプター1~3までありますね。

今後もチャプターが増えていきそうな予感がします。

今回受講したのは、そのコースのチャプター1。

内容はこんな感じ↓

英語発音矯正講座の内容
ちなみに無料ではなく有料です。

講座時間は約46分と、長すぎず、短すぎず、ちょうどいい長さで、内容によってレクチャー分けされているのもGOODです。

結論からいうと、アメリカ英語の発音を体系的にわかりやすく教えてくれる内容でムチャクチャ勉強になりました。

はじめは、チャプター1=初級と思ってましたがが、実際に受講をしてみた感想は・・・

「スゴイわ、コレ」

でした。

今まで自分では意識していなかったことや、はじめて知る内容もあり、目から鱗が何枚か落ちました。

常日頃、Youtubeで英語の発音に関する動画を日本人、外国人のチャンネル問わずチェックしていますが、私の知る限り、この講座で教えている内容をシェアしているチャンネルはありません。

有料なので詳しい内容は伏せますが、今回受講した講座ではこんなことが学べます。

英語と日本語の発声方法の違い
具体的にどんなところが違うのか?
どんな練習をすれば英語の発声ができるのか?
日本語とは全く違う、英語独特のリズム
アメリカ人の英語は日本人にとってなぜ速く聞こえるのか?
なぜ、アメリカ人は「コンチワー」というのか?
チャンクとポーズの入れ方。
英語を話すときのイントネーション
息継ぎの重要性
子音と母音

日本語でわかりやすく、アメリカ英語の仕組みについて説明しています。日常会話の早い発音に特化していますので、とても実践的です。英語学校では、教えていないようなテクニックですので、何度も見て、身につけていってください。内容が理解できてくると、アメリカ人が実際にどうやって発音しているのかがわかってくるので面白いと思います。発音が全体的によくなるだけでなく、リスニングもとってもよくなりますので、その相乗効果をぜひ楽しんでくださいね。チャプター1では、リズム、長さ、発声、口周りの筋肉の付け方、日常会話発音と教科書発音の違い、イントネーションについて説明しています。


学習対象者の欄をみたら、英語環境で働いている人や、英語環境で働きたい人、そして発音を教えたい英語コーチということで、完全に専門レベルの内容でしたね(汗)。

どおりで、Youtubeの無料動画では聞いたことがないわけだ。

とにかく、なぜ、日本人は英語をうまく発音できないか?、どうすればうまく発音できるか?が感覚ではなく、理論的にきちんと理解できます。

なーるほど!と、「腑に落ちる」こと間違いありません。

この講座の内容を習得できれば、発音に関してはかなり上達するでしょう。

そして、日本語アクセントが抜けない英語の発音が、ネイティブに通じる発音に変わっていく感触を味わえます。

そうなれば、しめたものです。

これは、チャプター2と3の内容が楽しみでしょうがありません。

⇒日本人のためのアメリカ英語発音矯正コース Chapter 1

オーストラリア在住13年目になぜ英語発音矯正講座を受講したのか?

僕はオーストラリアに移住して今年で13年目になりますが、いまだに英語の発音に苦労しています。

そして、英会話では発音が大切ということが、ネイティブとコミュニケーションを取れば取るほど身にしみてきました。

個人的に、英会話で最初に身につけるべきスキルは「発音」だと思っています。

発音が悪いとリスニング力が伸びませんし、ネイティブと話すときも自信がもてません。

僕も経験済みですが、これが英会話学習に悪循環をもたらします。

発音が悪い→伝わらない、何度も聞き返される、相手が言っていることも余りわからない→自信がもてなくて口数が少なくなる、声が小さくなる→余計に伝わらない→撃沈

そういった悪循環を断ち切るためにも、まずは発音を練習することが大切なのです。

間違った発音で単語を覚えると、ネイティブがその言葉を発音したときに、100%聞き取れません。

ネイティブ発音に限りなく近づけて発音することを心がけることで、リスニング力とスピーキング力も上がることでしょう。

何よりも、自分が話す英語が伝われば会話するのが楽しくなりますし、もっと勉強して、いろんな単語や表現を覚えようと努力しますしね、一石二鳥です

英会話の楽しみを支えるのは実は正しい発音なのです。

今僕は、スマホアプリのElsaを使って、日々、英語の発音の練習をしているので、以前に比べればかなり上達したと思います。



ちなみに僕がアメリカ英語の発音を選んだ理由

Udemyには、イギリス英語の発音を学べるコースもあります。(オーストラリア英語はありませんでした)

今回なぜ、アメリカ英語の発音を選んだのか?

その理由は、僕は日本にいるときにアメリカ英語を学んできたからです。

僕にかぎらず、ほとんどの日本人はアメリカ発音に慣れているからです。

僕はオーストラリアに住んでいますが、アメリカ英語の発音でも問題なく通じますからね。(もちろんイギリス英語も通じます)

無理に、オージーの発音を真似しようとしても、逆に伝わらなかったりします。

日本人にとってイギリス英語のほうが発音しやすい、という声をよく聞きますが、僕はそう思いません。

イギリス英語はRを巻かなかったり、カタカナ英語に近いというのが理由みたいですが、逆にイギリス英語の発音を日本人が習得するのは難しいと思います。

これについては、井上ジョーさんと同意見ですね。



日本人はアメリカ英語を勉強したほうが、流暢に喋れるようになったときに、より流暢感が漂うようになる。


Udemyのスゴイところ

Udemyは、学びたい人と教えたい人を結びつけるプラットフォームを提供しているサービスです。

あのベネッセコーポレーションが出資していることでもよく知られています。



Udemyのメリットは、比較的安価で、自宅にいながら、自分のペースで実用的なスキルを勉強できること。

ちなみに僕は、今回の講座を10.99オーストラリアドルで購入しました。(キャンペーン適用)

オンデマンドビデオなので、いつでも好きなときに見れて、何回も復習できます。

Udemyが提供している講座内容は多岐に渡っておいて、英語などの語学はもちろん、人気のプログラミング、音楽、資格、ビジネス、趣味、とあらゆる分野を網羅しています。

講座の概要は記載されていますし、動画のサンプルプレビューなどもあるので、購入してから「こんな内容は期待していなかった・・・」なんてことはまずないと思いますね。

また、30日間の返金保証がついているので、万が一そんなことがあっても安心です。

講師に直接質問はできませんが、Q&Aコーナーがあり、やり取りは可能なようです。

この金額で、これだけの内容のものを学べるなら、今のところメリットしか感じませんが、あえてデメリットをあげるなら、安すぎることでしょうか。

僕が今回受講したコースは、もともとの金額が94.99ドルとなっていて、88%オフのキャンペーン対象で10.99ドルで購入しています。

88%のキャンペーンって?

安く思わせるためのマーケティング?

と思ってしまいました。

受講した後となった今では、94.99ドルでも払う価値はあったと感じていますが、もともとその金額なら購入をためらったと思いますね~。

まぁ、これはちょっとした小言ですけどね。

でも購入する側としては安いに越したことはありません。

ただいまオータムキャンペーンということで、さっそくチャプター2と3も購入しようと思います^^
(3つ購入しても、50ドル以下です。。。驚)

世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

あとがき

自分が学びたい、得たいスキルを、こんなにも安い金額で提供してくれるUdemy、素晴らしいサービスだと思います。

ネットで探せば、無料で得られる情報やスキルもありますが、より高いレベルのものを手早く得たいなら、有料のものを選ぶべきでしょう。

キャンペーン期間中なら、格安で購入できるので、興味のある講座があれば受けてみてはいかがでしょうか?

<追記:2018年10月15日>
チャプター1が素晴らしかったので、結局、こちらの講座のチャプター2と3も購入しました。

Udemy発音コースのチャプター2と3
はっきり言うと、これから発音を学ぶという人よりは、ある程度発音の勉強をしているけれど、なかなか上達しない人向けの講座だと思います。

まさに、僕なんかにはピッタリの講座でしたね。

一度購入すれば何度でも動画を再生でき、復習できるので定期的に勉強できるのがありがたいですね。