ゴールドコーストに旅行する方の大半は、サーファーズパラダイスのホテルやアコモデーションに泊まると思います。

飛行機で日本からゴールドコースト空港(OOL)に到着したら、ホテルの送迎バスが迎えに来てくれる、現地の友達が車で迎えに来てくれる、という方以外は、公共のバスやタクシー、Uberなどを使ってサーファーズパラダイスまで行くことになります。

これには、いくつかパターンがあるので、まとめてみたいと思います。

この記事は、ゴールドコースト空港(OOL)からサーファーズパラダイスへは、どうやっていけばいいの?という方向けに書いています。

公共のバスとトラムを使っていく方法

公共のバスをつかって、ゴールドコースト空港からサーファーズパラダイスまでの行き方を紹介します。

こんにちは!

オーストラリアに移住して、ただいまゴールドコースト在住のMASA(@ozuijyu)です。

ゴールドコースト空港からは、Translink(トランスリンク)という会社がバスを運行しています。

緑色のバスです。

トランスリンクのバス
ズバリ、バスの前面の電光掲示板に、777と書かれたバスに乗ってください。

空港のバスの搭乗場所はこの地図を参考にしてください。
ゴールドコースト空港の地図
この777のバスに乗るのですが、じつはサーファーズパラダイスまで直行でいけません。

途中で乗り換える必要があります。

サーファーズパラダイスまでのルートは、ゴールドコースト空港を出てから、Broadbeach South Station(ブロードビーチ・サウス・ステーション)で乗り換えて、今度はG-linkの黄色いトラム(路面電車)に乗り換えてサーファーズパラダイス方面に向かいます。

コレが黄色のトラムです。
トラム
乗り換えは簡単なので安心してください。

バスの停留所のすぐ裏側がトラムの乗車場所になるので、ゼッタイ迷いません。

バスの停留所(Broadbeach South Station)
ブロードビーチステーション
そのすぐ後ろ側がトラムの乗車場所です。
ブロードビーチステーション(トラム)
例えば、ゴールドコースト空港を朝の10時に出発して、サーファーズ・パラダイスまでいく場合は、こんなルートになります。
(※平日・金曜日に検索した結果です)

ゴールドコースト空港からサーファーズパラダイスまでのルート
Translinkのアプリをスマホに入れておいて、「Journey planner」を使うと、何時に乗って何時に着くかがわかるので便利ですよ。(G-linkのトラムの分も含んで時間を出してくれます。)
Translink NI

Translink NI

Translink無料posted withアプリーチ


料金は、バスが5ドル~、トラムが2~4ドル、10ドルでお釣りがきます。(大人一人あたり)
(時間帯によって多少金額が変わります。オフピーク時は安いです。)

料金も、アプリを使って検索すると算出してくれますよ。

ゴールドコースト空港からサーファーズパラダイスまでの行き方(スカイバス編)

もうひとつ、Skybus(スカイバス)という民間のエアポートシャトルも運行しています。

空港からゴールドコースト内の主要ホテルまで送迎してくれます。

赤いバスです。

空港の搭乗出口のすぐ前と、チェックインカウンターを過ぎて左側にチケットカウンターがあります。

搭乗出口の目の前、オプタスのカウンターの横に案内所があります。

チケットセンターはチェックインカウンターを過ぎて左側に。
スカイバスのチケットカウンター
搭乗口はチケットセンター横の出口を出てすぐあります。

スカイバスの空港の場所
料金は大人片道21ドル。

大人だけで乗ると運賃が公共バスの2倍以上しますが、子供連れで行く場合は16歳以下の子供料金が2人までフリーになるのでお得感が増します。

とくに小さいお子さん連れで旅行の場合は、飛行機をおりて疲れているのと、乗り換えが面倒くさいので、ホテルまで直行してくれるスカイバスが断然オススメです。

スカイバスの詳しい料金はこちら

ちなみに、車内にはフリーWifiがあるのでネットにもつなげますよ。

ゴールドコースト空港からサーファーズパラダイスまでの行き方(タクシー&Uber編)

バスは時間がかかるから避けたい!という方には、タクシーかUber(ウーバー)をオススメします。

料金はバスよりも高いですが、空港から目的地までノンストップで行ってくれるのでとにかくラクです。

タクシー乗り場はこちら(後述のUber乗り場も記載しています)
タクシー乗り場とUber乗り場
タクシー乗り場
空いていれば、サーファーズパラダイスまで30分程度で到着すると思います。

料金は、ホテルの場所にもよりますが、50ドル~70ドル程度でしょうか。

人数が多ければそれだけ割安になるので、大人4人くらいで行くならオトク感ありますね。

次にUber(ウーバー)です。

Uber乗り場
オーストラリアにはUberドライバーがたくさんいて、空港周辺には常にUberがいるので待ち時間もほとんどないでしょう。

ただ、Uberを利用する場合には、事前にアプリをスマホに入れてアカウントを作り、個人情報、目的地、クレジットカード(ペイパルもあります)情報などを入力しておく必要があります。

Uber

Uber

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ


気をつけなければいけないのは、車の車種や大きさに応じて乗車料金が変わること。

何人乗るか、荷物(スーツケースなど)がどれくらいあるかによっては、大型のUberを頼むことになります。

例えば、UberXLだと6人まで乗れます。

UberXLの料金
タクシーよりも料金が安いのが魅力のUberですが、はじめて使う場合には初回割引が適用されるので、さらに安くなります。

タクシーのボッタクリというのはゴールドコーストではあまり聞きませんが、Uberの場合は、基本的に乗車距離と時間で料金が算出され降車後に自動的に決済されます。

降車後には、Uberドライバー、乗客ともに評価をつけるので、基本的にぼったくりはありません。

Uberは旅行中にも気軽に使えるので、Uberを体験したい方はぜひ。

この記事のまとめ
  • ゴールドコースト空港からサーファーズパラダイスには大きく4つの行き方がある。
  • 大人だけの旅行、荷物少なめ、とにかく安く行きたい方は公共のバスとトラムがオススメ。
  • 家族連れ、小さな子ども連れの場合は、子供料金がフリーになるスカイバスがオススメ。
  • 疲れている方、なるべく早くホテルに行きたい方はタクシーかUberがオススメ。



あとがき

ゴールドコースト空港からサーファーズパラダイスまでの行き方をいくつ紹介しました。

日本から飛行機で9時間程度揺られて、たいして寝れない方も多いと思うので、そういうときは無理をせずにラクに行ける方法を選んでください。

旅先初日に疲れて、体調が悪くなっては、せっかくの旅も台無しですからね。

ぜひ、参考にしてみてください。

皆さんのゴールドコーストの旅が、素晴らしいものになりますように!